手仕事のぬくもり

日曜日、とっても久しぶりに札幌へ
出かけてきました。

北海道近代美術館で開かれていた
「アイヌ文様の美」という展示を
見てきました。

100年前、数十年前に製作されたであろう多数の着物が
今では全国各地の博物館にちらばって所蔵されています。

本や資料などでそれらの着物の絵柄を見ることはできても
細かいデザインやそれぞれの着物の味というか
ひとつひとつの縫い目にこめられた作者の意図や
想いまではなかなか感じることが出来ません。。。。


今回、展示されていたアイヌの着物は博物館に飾るためでも
芸術の目的でもなく、普通に暮らしていたアイヌの女性達が
愛する夫や家族の為に縫い、そして実際に使われていたものが
ほとんどです。

その頃はまだ「お金」というものもなく、
アイヌが狩猟でしとめた動物の毛皮などを
本州へ出向いて、布や糸と交換して手に入れたもの。



その頃、アイヌの大地だけではなく、本州でも
木綿の布や糸はとても貴重だったはず。

その貴重な布を切れ端まで愛おしんで、アイヌ独特の
絵柄に使デザインされた文様は、愛する家族を病気や事故から
守る為の祈りであり、お守りでもありました。

1枚1枚の着物の縫い目や文様を見ていると、とってもきれいに
そろった縫い目があれば、おおらかで大胆な縫い目もあり、
作り手の想いや人柄、生活の様子が感じられ、どこからか
アイヌのウポポ(歌)が聞こえてくるようでした。


a0094336_9204987.jpg


作り手の個人的な想いのつまった縫い目に
着古された着物を着ていたアイヌの人たちの生き様を
感じ、現代の経済システムでは決して計ることの出来ない
ゆたかさやうつくしさをここにいっぱいに感じさせてもらった
一日でした。
[PR]
by you-atuy | 2007-01-31 09:28 | 手仕事


北の大地で3猫+ワンと田舎暮らし。  あさこ


by asako*

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
庭仕事
手仕事
猫と暮らす
こころとからだ
いのちをいただく
ゆかいな仲間たち
にせこらいふ
はじめまして
おとあそび
いのちをみつめて
地球に暮らす
ふぉとの葉
リンク集
えんじょいらいふ
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...

フォロー中のブログ

カメラトクラス。
ギャラリー猫の憂鬱
ON ANY SUNDA...
プラハなchihua**hua
匂いのいい花束。ANNEXE。
Wind Tribe S...
森の暮らし  たいまぐら便り
Photo Album
Doggie Do!! ...
nonママのスローライフ...
のら猫ママの出産記録と里...
Paw Photogra...
『ボクらとオカンの・・・...
Cats in Town...
120
生きる。撮る。
Cafe Saint-L...
ヒガイヨシロウのカメラ君日記 
294ものぶろーぐ・2
HarQ Photogr...
好きを仕事にする大人塾=...
LaLaLaFarm d...
かぼすちゃんとおさんぽ。
marico's fam...
コナソラブログ
シマエナガくんと北の仲間たち
日々のかけら
あん子のスピリチャル日記
日々是猫日
眠り猫 / Le som...
健太ん家の陽太(さんた)
FU-KOなまいにち
Sauntering 
国際セラピードッグ協会 ...
モモの育て方
おかめ堂と金沢屋の日々

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
カメラ

画像一覧