<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神々の宝物



この1週間は毎日雪の日がつづきました。今日もまた雪です。
寒いのが大の苦手な私には、この2月の季節が一番厳しい季節。


2月の雪



昨年は雪が少なく、そして1ヶ月も早い雪解けに、いつも自然の恵みをわけていただいている
山の、クレソンの生い茂る沢の水が例年の半分しかなく、もちろん水の枯れた美しい沢は
泥の中にちいさな芽が出ているだけ。

そんな悲しい状況を見て、あらためてこの土地の雪がもたらしてくれるいのちの恵を肌で
感じることが出来たものです。

今年もシーズン初め、雪が少なく、暖かい冬にどうなることかと思いましたが
今この時期になって自然界はバランスを取り直しているのかもしれません。



「真に神々に祈るこころがあるならば、神々の宝物は私たちの手元に下りて
くるものであります」
今は亡き、アイヌの長老・葛野達次郎氏の言葉が染みる雪の朝。


Matkunaw Rera   ~North wind~

    ~アイヌの名前で「サビタ」 和名、ノリウツギ。薬草です~
[PR]
by you-atuy | 2009-02-22 10:03 | にせこらいふ

チュイ ルプ チュプ

暖かい日が続いて、今年も春が早いのかな、なんてご近所さんと
話していたら、また冬に逆戻り。

最低気温はマイナス7度。最高気温でもマイナス5度。


”チュイ ルプ チュプ”

アイヌの言葉で2月は凍結月。激流は凍結しないものだけれど、その激流さえも
凍る月。


winter road

時々、うっすらと日が射しますが、またすぐに外は真っ白に。



こんな寒い季節には、おうちでぬくぬくと、あったかいコーヒーでも
飲みながら、針仕事をしたり、本を読んだりするのがいいなあ。。。


coffee or tea?


こんな毎日、すっかり腰に根っこが生えていそうです^^;


みなさんもすてきな一日を~♪
[PR]
by you-atuy | 2009-02-18 14:57 | にせこらいふ

冬からの贈り物

空


春から秋は枝葉をぐんぐんと伸ばして広げていく季節。

冬の季節、じっと身動きせずにいまこの瞬間にフォーカスしながら
しっかりと大地に根を張ってこの時を過ごすことは、私たちの人生に
「深み」というものを教えてくれているような気がします。


走るだけが人生でもなく、時に立ち止まり、いまあるものを見据えることも、
これからの人生の旅に、必要なもの、必要の無い荷物を
整理して、身軽になることもまた大切なことなんですね。

人生の広がりと深み、それぞれの季節からの贈り物、感謝して
受け取りたいと思います~☆


春まであともうひとふんばり。

サビタ

[PR]
by you-atuy | 2009-02-15 19:54 | いのちをみつめて

冬の楽しみ。

あたたかな、雨の降る週末の朝です。

この数日は家のお掃除をしたり、ゆっくりとBlogをアップしたり、
縫い物をしたりと”自分自身”へと還っていく時間を過ごしています。



sunny day


あわただしくイベントの準備に追われていたときは、
家のことや仕事のことも次第におろそかになって、
私が私と少しづつずれていくような、そんなことも感じていました。


原発のことや様々な外側でのことを伝えていきたいことと、
日々、食べるものや土地の自然や友人や仲間のいのちへの
感謝をただ、自分の内側で感じ、感謝できることは
私にとってはどちらも大切にしたいこと・・・・

そのどちらもがここちよくバランスが取れていること、
その大切さをあらためて感じさせてもらえました。

春はまだもうすこし。


deep in winter


”いまここ”でわたしにできることを、感謝しながらおこなっていくこと。
これからの自分自身の流れや方向をゆっくりと感じながらしっかりと
大地に根を張っていこうと思います。


walk in the forest.


みなさまもすてきな週末をお過ごしください☆
[PR]
by you-atuy | 2009-02-14 10:28 | にせこらいふ

愛の刺繍大作戦

先週は札幌のBe Greenの集まりに参加した翌日、友人の経営するカフェ・みんたるへ。

前日の夜に集まりの後で寄った際に、お隣のテーブルでは常連さんたちが
ちくちくと縫い物をしていました。

キルティング


その夜は、1月末のイベント関係のメンバーのミーティングに加わっていたため、
刺繍の方には参加できなかったのですが、翌日、イラクの白血病の子供たちの支援をする日本イラク医療支援ネットワークのサポーター、高橋伸枝さんとお話をさせていただいて、早速、イラクの子供に送る予定の刺繍にほんの少しですが参加させていただきました。

イラクでは’91年~の湾岸戦争の際、たくさんの劣化ウラン弾が使用され、その影響でたくさんの子供たちが白血病や癌などの病気で現在も苦しんでいます。


サマーワに咲く花


この刺繍もイラクのサマーワの近くのちいさな村に住みながら、300km離れた街まで通い、白血病の治療を受けている12歳の少女ハウラちゃんの描いた絵を刺繍し、完成したらハウラちゃんの元へ届けられるそうです。


札幌と東京で、イラクの子供たちの描いた絵やポスターが展示されます。
お近くの方はぜひ足をお運びください。


2月13日(金)〜15日(日) 札幌
【絵画展】イラクのこどもたちの絵画ポスター展「おおきなハウラの木のしたで」
札幌エルプラザ 4F  フリースペース(札幌市北区北8西3)

2月13日(金)〜2月18日(水) 、日比谷(東京)
【限りなき義理の愛大作戦2009イベント】 イラクの子どもたち バレンタイン・チャリティ絵画展

スケジュール詳細


限りなき義理の愛大作戦 2009と題して、イラクの子供たちの描いた絵にパッケージされた六花亭のチョコを介した募金キャンペーンも行っています。

ちょうど、このお話をBlogにアップしたら、先日刺繍糸やはぎれをお送りした
荷物が届きましたと伸枝さんからおはがきが届きました。

お店に来られたお客さんに、丁寧にイラクチョコの経緯や
子供たちの状況を説明をしていた伸枝さん。また次回、札幌へ行くときには
伸枝さんに詳しくお話を伺ってきますね。

みなさんもどうぞ素敵な1日を~☆
[PR]
by you-atuy | 2009-02-13 11:51 | 地球に暮らす


北の大地で3猫+ワンと田舎暮らし。  あさこ


by asako*

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
庭仕事
手仕事
猫と暮らす
こころとからだ
いのちをいただく
ゆかいな仲間たち
にせこらいふ
はじめまして
おとあそび
いのちをみつめて
地球に暮らす
ふぉとの葉
リンク集
えんじょいらいふ
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...

フォロー中のブログ

カメラトクラス。
ギャラリー猫の憂鬱
ON ANY SUNDA...
プラハなchihua**hua
匂いのいい花束。ANNEXE。
Wind Tribe S...
森の暮らし  たいまぐら便り
Photo Album
Doggie Do!! ...
nonママのスローライフ...
のら猫ママの出産記録と里...
Paw Photogra...
『ボクらとオカンの・・・...
Cats in Town...
120
生きる。撮る。
Cafe Saint-L...
ヒガイヨシロウのカメラ君日記 
294ものぶろーぐ・2
HarQ Photogr...
好きを仕事にする大人塾=...
LaLaLaFarm d...
かぼすちゃんとおさんぽ。
marico's fam...
コナソラブログ
シマエナガとユキホオジロ...
日々のかけら
あん子のスピリチャル日記
日々是猫日
眠り猫 / Le som...
健太ん家の陽太(さんた)
FU-KOなまいにち
Sauntering 
国際セラピードッグ協会 ...
モモの育て方
おかめ堂と金沢屋の日々

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
カメラ

画像一覧